輸入ビジネスでは、リサーチが命と言われています。

とにかく売れる(利益の取れる)商品を探し、安く仕入れてヤフオクで売る。

この転売の流れが主流ですね。

私は、輸入ビジネスを教える時、
まず“売ること”をしっかり身につけてもらいます。

モノを人に売るための販売力です。

買ってもらうためには、まず商品の存在を知ってもらう。

そして見てもらって、納得して買ってもらう流れです。

人が欲しい商品を目の前にポンと置いてあげる。

だから商品知識はなくても売れる。

そういう転売式の売り方では、近い将来、限界が見えてくるでしょう。

私の友人もそうですが、輸入でしっかり稼ぎ続けている人は、
水面下で見えない努力をしています。

見えないところの差別化で、お客さんとの関係を構築しています。

これはネットショップでも、ヤフオクでも同じです。

例えば、アフターケアをしっかりしていたり、おまけやサプライズも用意しています。

もちろんすべてのお客さんとつながれているわけではありませんが、
顧客満足度を追求すべく、日々研究をしています。

私のヤフオクでの売り方ですが、セット販売とアフターケアが好評です。

売りっぱなしではなく、何かあれば相談くださいというスタイルです。

セット販売は、そんなお客さんからの情報で取り組んでいます。

その商品、売り始めたのは昨年末です。

最初は商品知識なんてまったくありませんでしたが、
いまでは、お店を開けるくらいの知識が身に付きました。

では、どうやってその商品にたどり着いたのかというと、
ロングセラー商品に絞ってリサーチをしていました。

オークファンでの2年検索で、比較的安定して売れている商品を目安に、
片っ端からピックアップしていきました。

そして、一番時間をかけたのが仕入れ先探しです。

ロングセラー、特にコレクター商品にありがちなのですが、
商品がわかっても、どこにも売っていないということです。

ですから、仕入れ先探しまでをリサーチとして、
一生懸命、開拓していたのを覚えています。

ちなみに、仕入れ先で一番懇意にしているところは、
Facebookつながりで見つけました。

使えるものはすべて使う。

そんなに特別なことはしていません。

だから、誰にだってできることなんです。

実際に、商品も誰でも知っているものですしね。

最近、ロングセラー商品を開拓して、
独自のマーケット展開をしている人が周りに増えて、要注目です。

物欲はなくなりませんし、商品は無限に出てきます。

ネット市場は大きくなり続けていますから、まだまだチャンスはありますよ!