IBC公式メルマガ
無料で読める「IBC通信」

大切な情報をお送りいたしますので、普段お使いのメールアドレスをご登録ください。

※ お名前は苗字のみでもかまいませんので、正確な形でお願いいたします。
適当なものや、不適切なお名前での登録はできません。正しく書かれてない場合、こちらで予告なく配信を解除する場合があります。

IBC通信の内容

IBC通信は、主に初心者さんや未経験者の方に向けて書いています。

これから始める人には、「何をしたらいいか?」よりも、「なぜそうするのか?」を知ってほしい。

やっているけどうまくいっていない人は、「やり方」よりも「取り組み方」に問題があることが多い。

ほんの少し、思考をずらすだけで、自分が想像していた以上の成果を得られたりするものです。

自ら経験しているからこそわかる、そんな情報をお届けできたらと思っています。

副業から始める物販のコツ

起業するために必要なこと

輸入ビジネスの手法

経験者が語る体験談や裏話

セミナーや勉強会の優先案内

たまに雑談など

メディア掲載

月刊誌「BIG tomorrow」で、2012年1月号から6年以上、輸入ビジネスの連載を担当しました。(※BIG tomorrowの休刊に伴い連載終了)増刊号では監修を務めています。

メディア掲載

他にも、様々なメディアより取材を受け、紙面に掲載されました。

メディア掲載
著書

累計1万2千部発行。全国書店で購入できます。

■確実に稼げる ヤフオク!副業入門(ソーテック社)
■輸入ビジネスかんたんガイド(日本実業出版社)

著書

はじめまして、IBC代表の富山と申します。
公式メールマガジン「IBC通信」を書いている中の人です。

「どうも!富山です」と言いつつも別人が書いてる、なんてことは一切おこなっていません。

毎回、私自身が自分のコトバで執筆しています。

なので本当に申し訳ないことですが、たまに配信日がズレることがあります。

誠に勝手ながら、「ちゃんと生身の人間が書いているんだな」と、温かい目で見ていただけたら幸いです。

ご意見やご要望、メッセージなどはメールに返信いただければ、私が直接すべて目を通しています。

IBC通信のテーマ

IBC通信は、事実に基づいた正しい情報の発信を目的としています。

どこかで見たり聞いたり、ネットで拾ってきたような情報は扱っていません。自分たちで実際に経験してきたリアルなお話です。

ただ、正しいことも大事だけど、楽しいことも大事だと私は思うのです。

正しくなければ結果が出ないし、楽しくなければ続かないですから。

正しいことも楽しいことも、どっちも必要。そんなビジネスのお話をお届けしたいと思います。

IBC通信はこのような人におすすめです
これから始める初心者さん

これから始める初心者さん

うまくいかず悩んでいる人

うまくいかず悩んでいる人

モチベーションを上げたい人

モチベーションを上げたい人

経験者の話を聞きたい人

経験者の話を聞きたい人

いろんな事例を知りたい人

いろんな事例を知りたい人

情報を優先的に欲しい人

情報を優先的に欲しい人

IBC通信は無料で読めます
不要になればいつでも配信を解除できます

大切な情報をお送りいたしますので、普段お使いのメールアドレスをご登録ください。

※ お名前は苗字のみでもかまいませんので、正確な形でお願いいたします。
適当なものや、不適切なお名前での登録はできません。正しく書かれてない場合、こちらで予告なく配信を解除する場合があります。

追伸

私は2冊の著書どちらにも、「あとがき」にあるメッセージを書いています。

起業した年に、尊敬する経営者に言ってもらった、何度もピンチを乗り越えてきた言葉です。

私は起業して15年、輸入ビジネスを始めてから10年以上たちました。

いろんな人に会ってきましたが、そこでわかったのは、成功しているのは特別な人ばかりではないということです。

むしろ、“ふつうの人”の方が圧倒的に多かったその事実は、特別な才能やセンスなど一切なかった私に、大きな希望を与えてくれました。

あとはやるだけ。

正しい手法を知り、実直にただ実践を繰り返し、私は物販という手に職を持つことができました。

自らの手で収入をつくるスキルという、世間でいう高収入が得られる資格よりも、私には価値のあるモノです。

何もなかった自分にもできた。だからこそ、自信を持って言えます。

「大丈夫、あなたならできます」

物販で収入をつくるのには、資格も免許もいりません。今すぐにでも始められます。

IBC通信では、私の元にあるたくさんの成功事例をお伝えしています。

それを見て少しでも、「自分にもできそうだ」と思っていただけたら幸いです。

IBC公式メルマガ
無料で読める「IBC通信」