こんばんは!富山です。

今、1ドル98円くらいになりましたが、円安がどんどん進んでいます。

そうなると、輸入の場合は値上げして販売することになるため、
輸入でなかなか利益が取りづらくなってきた、という人も多いのではないでしょうか。

今はまだ何とかなるとしても、これから先、円安が進んでいくようなら、
輸出をやるというのも選択肢のひとつです。

ヤフオク販売をやっている人ならebay。
アマゾン販売をやっている人ならアマゾン。

輸入をやっていると、輸出も比較的わかりやすくできるものです。

私も今、ebay、アマゾンどちらでも海外販売しています。

でも、輸入はこれからも続けます。

ヤフオクでリサーチをしているとわかるのですが、あきらかにライバルが減っています。

急激な円安のため、最近のデータからのリサーチだと、少々難しいところがありますが、
それでも、マネされる頻度が減ったり、売れる商品に人が集中している様子が減ったりしています。

「ライバルが多すぎて輸入では稼げない」といわれてから、
輸入ビジネス人口が減りました。

アマゾン販売が広まって、ヤフオクユーザーが減りました。

ヤフオクにはヤフオクのユーザーがいるので、売れるものは売れるのです。

「アマゾン販売」と「ヤフオク販売」どっちをやったらいいですか?

とよく聞かれるのですが、どちらもやった方が良いです。

ただ、メリットデメリットや、向き不向きをチェックして、
選んで販売をしていかなければいけません。

いまもまだ、ヤフオクで上手に輸入販売している人はいます。

「評価」をたどれば輸入商品をたくさん扱っている人は見つけられるので、
売れ筋やトレンドをチェックしてみてください。

輸出をやるにしても、売れる商品を探す技術は必要です。

円安は、どのみち周りも値上げせざるを得ないですから、価格は追いついてきます。

それよりも、惑わされて輸入、輸出とふらふらする方が危険です。

売れるモノを安く仕入れる。

この大前提をブレさせないようにしてくださいね。