1. TOP
  2. 輸入ビジネス
  3. モノが売れないと言われている2月で純利益が3.6倍になった

モノが売れないと言われている2月で純利益が3.6倍になった

もう春かな~と思ったら、昨日また雪が降って、今日は寒くなって・・・。

そろそろ暖かくなってほしいですね。

私の運営するネットショップが、先月は大幅に売り上げダウンしていました。

ニッパチ(2月8月)は売れないといわれる中、
毎年であればここまで影響でないのにな~というくらい、けっこうな冷え込み。

でも、その中で、利益をドカーンと伸ばしたショップもありました。

いったい何を売ったのでしょうか?

それは、この時期じゃないと売れないものです。

2月8月が売れないのなら、その時しか売れないものを見つければいいんじゃないか?

そう考えて、過去のデータをほじくり返していました。

特別なことはしていませんから、データをほじくって検証すれば、
誰にでも見つかるモノだったりします!

輸入ビジネスはもう稼げないと去年から言われています。

加えて、円安の追い打ちもうけて、
結果が散々になっている人も多いのではないでしょうか。

ここでやめてしまうのもひとつの決断です。

でも、まだまだやっていないことってたくさんありませんか?

例えば、以前はライバルが多すぎて、価格破壊を起こしてしまった商品。

しばらくしてもう一度のぞいてみると、実は利益が伸びてきていることがあります。

元々はニーズのある商品だからこそライバルが多くなったわけで、
人が少なくなれば売れるのは当たり前だったりします。

ただ、最新作とか季節ものとかは厳しいかもしれません。

また、1ヶ月に1つしか売れていないような商品。

なかなか売れないけど、売れたら大きな利益が見込める。

そんな商品を専門に仕入れて売っている人がいます。

例え利益が2万円あったとして、1ヶ月に1個しか売れないんじゃねえ・・・

1個だけ見ればそうかもしれませんが、そんな商品が30個あったらどうでしょうか?

1日1個売れる計算になりますね。

まあそんなうまくはいかないでしょうから、
話し半分としても2日に1個売れて、月30万円。

そう単純な計算では成り立ちませんが、始めはこれくらいシンプルに考えてOKです。

結局のところ、仮説と検証で進めていくのが輸入ビジネスです。

あとで調整をしていって、できることとできないことを抽出する。

そして、自分が立てたイメージ、目標とのすり合わせです。

その内、できることの方が多くなって、ライバルが去っていくのを見守る側になれます。

それくらい余裕が出てくれば、いろんな展開が見えてきますよ。

まだまだ、輸入ビジネスは稼げます。

\ SNSでシェアしよう! /

輸入ビジネスコミュニティ IBC 勉強会・セミナー&イベント開催の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

輸入ビジネスコミュニティ IBC 勉強会・セミナー&イベント開催の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!