1. TOP
  2. 輸入ビジネス
  3. 輸入ビジネスの世界へようこそ!輸入販売で稼ぐチカラを手に入れる

輸入ビジネスの世界へようこそ!輸入販売で稼ぐチカラを手に入れる

欲しい海外商品を自宅にいながらショッピングできる。さらに日本で買うより安い。そうなったら便利でお得だし嬉しいですよね。

今、それが“あたりまえ”の時代です。ネットを使って、スマホやパソコンでかんたんに海外のモノが買えちゃいます。

その割には、売る側の方がまだまだ足りていない状況なのです。売れるモノはたくさんあるのに、売り方を知らなかったり、売れると思っていなかったり・・・。

だったら、売る側にまわってしまえば、利益になるんじゃないだろうか。そう思った人たちが海外商品を売って収入をつくっています。

でも今の時代、いきなり仕事をやめて一念発起一代決起して起業するのは怖いですよね? それならば、まずは副業として空き時間を使って取り組み、足場を固めてから走り出せばいいのです。

まずは輸入ビジネスで、できることから始めてみませんか?

輸入ビジネスとは?

消費者は経済的な合理性に基づいて行動します。つまり「少しでもお得になる行動」を取ろうとするのです。

自らの足でお店に行って買い物をするよりも、手軽にインターネットを使って、数ある商品の中から自分で好きなものを選ぶことにメリットを感じています。

また、場所が違えばモノの値段は変わります。とくに海外と日本のように違いが大きく(遠く)なればなるほど変化も大きくなります。

このように、モノの値段の違いを利用して利益をつくることを、消費者が「得だ」と感じているネット通販でおこなっているのが、輸入ビジネスになります。

輸入ビジネスとは、海外からモノを買って日本で売ることで利益を得る、とてもシンプルなビジネスモデルです。インターネットを使うことで、自宅にいながらできるため、手軽にはじめられるのが人気の理由です。

輸入ビジネスの種類とは?

輸入ビジネスでは、ネット通販のしくみを使うため、すでに存在している買う場所(海外)と売る場所(日本)を利用します。そしてそれぞれを組み合わせて仕入れと販売をおこなっていきます。

ひと言で輸入ビジネスといっても、「〇〇輸入」と言われるのはそのためです。いくつかの種類があり、それぞれ違った特徴があります。

●主な買う場所(仕入先)

  • eBay
  • Amazon
  • タオバオ
  • オンラインショップ
  • デパート

●主な売る場所(販売場所)

  • ヤフオク
  • Amazon
  • バイマ
  • フリマアプリ
  • ネットショップ

自分の条件や環境を考え、それぞれの特徴をチェックしてから組み合わせを決めてください。

※ただしバイマ販売では、eBay、アマゾン、タオバオからの仕入れは不可など、組み合わせができないものもあります。

決める際のポイントとしては、まず販売場所を決めることです。それぞれのサイトを見れば、何ができて何ができないのか、すべて記載してあります。

初心者でもかんたんにはじめられるワケ

「それでけっきょく、私にもできるの?」というお話しですが、取り組む難易度としてはかなり低いといえるでしょう。

これまで起業をするというと、一念発起して会社を辞め、借り入れをしてすべてをビジネスに使うといったものでした。

ですが輸入ビジネスは今の生活環境を変えることなく、できることからはじめられるのです。たとえうまくいかなかったとしても借金を抱えるような事態にもなりません。

だからこそ、気軽に自分のペースではじめられる、誰にでも平等にチャンスがあるものなのです。

資金(お金)が少なくてもできる

満足のいくお金があれば、そもそも輸入ビジネスにあまり興味を持つこともなかったのではないでしょうか。その場合は限られた中でやっていくしかありません。

今ある資金の中で、できることはたくさんあります。

資金があまり用意できないということであれば、たとえば1個数十円で買って数百円~千数百円で売れるような、中国仕入れに取り組むことができます。

また、バイマを使えば赤字や売れ残りの心配がないため、安心して作業に集中できます。

1万円の資金で行えば、失敗したとしても最大1万円です。1万円は決して少ない金額ではありませんが、また再挑戦できる額ではあるはずです。

考えられる最悪の結果を把握しておければ、手が止まらずに思い切って前へ進めます。まずはできることから。そしてどんどん広げていってください。

また、お金がない時はとくに、販売力を身につけることが大切です。自宅にある不用品を売ったり、友人が使わなくなったものを代わりに売るなどで、資金を増やすことができるからです。

使える時間が限られている

いざ、「これから輸入ビジネスをやろう」と思っても、自由な時間を充てられる人はほとんどいないはずです。今の限りある時間の中から使える時間を捻出しなければなりません。

確かに使える時間が多い方が、いろんな作業ができるので有利ではあります。ですが、まずは今の生活に加えて輸入ビジネスをやっていく方がすぐに身動きも取れるはずです。

時間がないのであれば、できる時間内でスケジュールを組めばいいのです。それでも、輸入ビジネスは問題なくできますので安心してください。

たとえば、アマゾン販売のFBAを利用すれば、注文処理、ピッキング、梱包、出荷、配送に関する問い合わせ対応まで、すべてアゾンがおこなってくれます。24時間365日受注、出荷対応なので、時間がなくても安心してお任せできます。

また、自分の仕事を人に任せる外注化もできます。知り合いがいなくてもインターネットの募集サイトでかんたんに見つけられるので、自分の手を空けることができますね。

すべての作業が自宅でできる

輸入ビジネスは、インターネット環境さえあればどこでも仕事ができます。売るものを探す、海外から買う、日本で売る、これら全部、自宅に居ながらでもできてしまいます。

商品を発送する際も、集荷に来てもらえば自宅から出なくてすむので、外に出なくても輸入ビジネスで収入をつくり出せるのです。

出勤する必要はありませんから、自分の時間を有効に活用できますね。

誰に気を使う必要もないので、リラックスしながら輸入ビジネスに取り組めます。お菓子を食べながらでも、パジャマ姿でも、子供のめんどうを見ながらでもできてしまいます。

もちろん自宅以外でもOK。カフェでも、外でも、旅行先でも、どこでも作業はできるので、自分の好きな空間で仕事ができるようになります。

はじめる前に準備しておくこと

輸入ビジネスはすぐにでもはじめられますが、それでも事前の準備は必要です。いきなり山に登って途中で困らないように、登山の装備や環境を整えておくのと同じです。

輸入ビジネスは自分ひとりではできません。利益を得るために海外の相手から仕入れなければなりませんし、購入者(お客様)への販売もあります。

だからこそ、そこにはルールやマナーができているのです。後で困らないように事前にしっかり準備をしておきましょう。

決済(支払い)の準備をする

輸入ビジネスでは、海外仕入れをする際に必要なクレジットカードと、販売の際に売上を受け取る銀行口座が必要です。

できればビジネス用のカードと口座を別途ご用意することをおすすめします。後々、利益があがってきた時に管理がしやすいからです。確定申告の時も役に立ちます。

事情があってクレジットカードを持ってなかったり、つくることができない場合は、デビットカードでも代用可能です。(使えないショップはあります)

銀行口座はパソコンやスマホで利用できるネット銀行や、インターネット対応している都市銀行、ゆうちょ銀行が便利です。

また、海外仕入れの際に安全に支払いをするために、ペイパルのアカウントを取得しておきましょう。

●ペイパル(Paypal)
https://www.paypal.com/jp/home

ペイパルはクレジットカードを登録することで、こちらのカード番号をショップに伝えることなく買い物ができる安全な決済サービスです。世界中で利用されているため、海外仕入れにとても便利です。

プラットフォームの確認

輸入ビジネスで仕入れと販売をおこなう場所(サイト)をプラットフォームといいます。

多くの人ができていないことですが、これから仕入れや販売で利用するサイトのことは事前に知っておきましょう。守らなければいけないルールもあります。

何ができて何ができないのか、サイト見ればすべて書いてあります。とくに以下の項目は理解できるまで読んでおいてください。わからないことがあればサイトの「お問い合わせ」で質問すれば丁寧に回答してくれます。

●確認しておきたいチェック項目

  • ご利用ガイド
  • ヘルプ
  • 利用規約
  • はじめての方へ
  • よくある質問と回答
  • 禁止事項
  • 利用方法

サイトの利用登録をする

これから利用するサイトがどんなところなのか、理解できたら活動をするための登録をしていきます。どのサイトでもわかりやすいところに登録のボタンがあります。

名前やメールアドレス、住所、電話番号などの登録になります。日本語も英語も形式は同じなので、まずは販売サイト(日本)に登録をしてみて慣れていってください。

IBCでは登録ガイドもご用意しています。自信のない方はこちらも参照してください。

●登録ガイド:eBay&ヤフオク版
https://www.import-business.jp/eyr-guide/

●登録ガイド:バイマ(BUYMA)版
https://www.import-business.jp/br-guide/

輸入に関してのルールを確認しておく

輸入ビジネスは個人でおこなうため、「個人輸入」だと思われていますが、第三者へ販売することを目的としているため、「小口輸入」になります。

自分で使用するもの=個人輸入
輸入したものを販売する=小口輸入

海外から商品を輸入し、日本で販売するのは自由におこなえます。資格や免許なども必要ないので、個人でも今すぐはじめられます。

ただし、輸入に関する規制やルールは法律で定められているため、事前に確認しておきましょう。

輸入に関する情報は、税関にすべて記載されています。
http://www.customs.go.jp/

日本の輸入規制について、不明な点は専門機関に問い合わせるのが確実です。

税関相談官(室)
http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/sonota/9301_jr.htm

困ったことがあれば専門機関に相談しよう

あまり積極的に利用することはないかもしれませんが、輸入に関してわからないことがあれば専門機関を利用してください。

主要機関をご紹介しておきます。

日本商工会議所 国際関連情報
http://www.jcci.or.jp/international/

日本貿易振興機関 ジェトロ
http://www.jetro.go.jp/indexj.html

対日貿易投資交流促進協会 ミプロ
http://www.mipro.or.jp/

ミプロは電話・メール・FAXなどでお問い合わせができ、専用アドバイザーが無料で対応してくれます。わからないことは自身で判断せずに専門家に相談することをおすすめします。

英語ができなくても大丈夫?

輸入ビジネスでは、海外から商品を仕入れることになるため、日本語以外の言語(主に英語)も必要になります。

ただし、英語が話せる必要はありません。すべてメールでのやり取りになるからです。その際も数字やかんたんな英単語が理解できればいいだけなので、中学1年生程度の英語レベルで十分に対応できます。

それでも英語が不安だという場合でも、無料で使える翻訳ソフトを使えば問題ありません。Google翻訳はとても優秀なので、海外の相手が言いたいことも、こちらが伝えたいことも、上手に翻訳してサポートしてくれます。

ですがそもそも、海外仕入れの際は、やり取りをしないことがほとんどです。

ネットショッピングを経験した人ならおわかりかと思いますが、商品を探し、ショッピングカートに入れて、決済をすれば買い物ができてしまいます。それは日本でも海外でも同じです。

やり取りをしなければならない時は、先ほどの無料翻訳ソフトを使ってメールをする程度で理解してもらえます。

もし大事なやり取りだからちゃんとした英語が必要だという場合には、英語ができる人に翻訳してもらえば大丈夫です。友人知人に英語ができる人がいればいいのですが、いなくても翻訳サービスがあります。

有料にはなりますが以下のサイトを利用すれば、だいたい百数十円~数百円を支払えば、短時間で専門家が英文翻訳をしてくれます。

コニャック翻訳
https://conyac.cc/ja

他にも同じようなサービスはあるので、必要な場合は検討してみてください。ただ、利用する機会は考えているよりずっと少ないはずです。

輸入ビジネスで成功している人でも、ちゃんと英語ができる人は少ないです。それどころか、いまだに「中学生レベルの英語なんてわからない」と言っているくらいです。

輸入ビジネスをする上で、もちろん英語ができた方がいいけど、できなくても何のハンデにもならないということです。

さあ、輸入ビジネスをはじめよう!

大事なことをまだお伝えしていませんでしたが、輸入ビジネスはかんたんです。誰にでもできます。

「輸入ビジネス」と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか?

輸入ビジネス未経験者の9割が、「難しそう」、「わからない」と答えています。そして、実際にやってみた人の9割が、「自分にもできた」、「難しくない」と言っています。

輸入ビジネスは本当に、やるかやらないか、ただそれだけのことだったりします。

もちろん、誰もが輸入なんてやったことがないでしょうから、初めて経験することも少なくありません。それでも、一つ一つクリアしていけば、すぐにできることの方が多くなっていきます。

「輸入」を辞書で調べると「外国の商品を自国へ買い入れること。」とあります。外国の商品を買う、つまりショッピングです。

ビジネスの意味は、仕事・職業・事業・商売です。つまり輸入ビジネスは、「買い物をする仕事」ということになりますね。これだったらかんたんそうだし、自分にもできそうだと思いませんか? 何より、楽しそうなイメージがしてきます。

「そんな単純なものじゃないよ」という人もいるでしょうが、シンプルでいいんです。じゃないとはじめられませんし、やらなければ結果が出ることもありません。

難しく考えてあきめてしまう人がいる一方で、シンプルに考えて成功した人がたくさんいます。輸入ビジネスは、頭が良いとかは関係ありません。実行した人だけが成功できるものです。

「輸入ビジネスはかんたんなんだ」、「私にもできるんだ」、そう思いながら取り組んでいただきたいのです。

ようこそ!「輸入ビジネス」の世界へ!!

\ SNSでシェアしよう! /

輸入ビジネスコミュニティ IBC 勉強会・セミナー&イベント開催の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

輸入ビジネスコミュニティ IBC 勉強会・セミナー&イベント開催の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!