1. TOP
  2. メール便廃止に困らないための新サービスの選び方

メール便廃止に困らないための新サービスの選び方

2015年3月末でクロネコメール便が廃止になります。

ヤマト運輸のメール便は、ネット通販での安価な発送方法として、ヤフオクでも特に便利に利用されています。

メール便を利用するメリットはその安さです。厚さ1cmまでが82円、2cmまでで164円という低コストで、日本全国へ発送ができました。

書籍、DVDなどを82円で安く送れなくなるということで、残念に思う声も非常に多いです。

1通でも集荷に来てくれたので、本当に便利で重宝していました。

ただ、手紙などの信書を送ることができないため、様々な問題があるということで、今回、サービス廃止に踏み込んだ形です。

何を持って信書とするか、あいまいな点もあったため、納得のいかない人も多いのではないでしょうか。

さて、そんなメール便に代わる新サービスとして、4月から、小形の荷物に対応した「宅急便コンパクト」が開始されます。

ヤマト運輸の新サービス、宅配便コンパクトは、ネット通販や、ヤフオク等の個人間取引などでの配送を想定し、箱型と薄型の2種類の専用ボックスが用意されています。

料金は最安で659円。

メール便だと厚さ1cmまでが82円、2cmまでで164円だったので、これまでの4倍~8倍になってしまいました。

会見した山内社長の話では、「料金は上がるが、使い勝手は良くなる」ということですが、この大幅アップは痛いですね。

そんな中、新たに日本郵便が、封筒型郵便の新サービス「スマートレター」を発表しました。

A5判サイズ、厚さ2センチ、重さ1キロまでの書類や荷物が送れて、料金が180円です。

薄い文庫本なら2冊入る大きさなので、これまでのメール便と比べても遜色ありません。

日本郵便の既存のレターパックライトのような感じですが、料金は半額。小口の個人需要に対応しています。

送料込みの専用封筒を買って、荷物を入れて発送できます。

まずは、東京都内の郵便局やコンビニなどで販売していき、全国拡大の店頭販売は秋ごろになる見通しのようです。

まだ全国ではどこでも買えるようにはなっていないため、今のところオンラインショップでの購入が一般的です。

日本郵便 切手ショップ
https://goo.gl/gnBQUQ

現在、20部セットでの購入しかできないので不便ですね。180円x20枚=3,600円です。

メール便の廃止、代替サービスの料金アップなどで、ヤフオク出品者も痛手になる人も多いですが、日本郵便の新サービス「スマートレター」も選択肢の一つです。

ちなみに、スマートレターは信書も同封可能なので、送る際に迷わないのが売り!ということです。

私の場合、スマートレターよりもクリックポストに慣れているので、こちらを使う方が多いです。

クリックポスト
http://www.post.japanpost.jp/service/clickpost/

メール便廃止で大きな影響を受ける方も多いと思いますので、しっかりと発送方法の見直しをしてください。

料金はもちろん大きな判断材料になりますが、使いやすさなどの効率も私は選択肢に入れています。

大事なことは、毎度考えなくて済むように、自分に合う発送方法を決めてしまうことですね。

\ SNSでシェアしよう! /

輸入ビジネスコミュニティ IBC 勉強会・セミナー&イベント開催の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

輸入ビジネスコミュニティ IBC 勉強会・セミナー&イベント開催の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!