1. TOP
  2. 海外に住みながら輸入(輸出)ビジネスで収入をつくる

海外に住みながら輸入(輸出)ビジネスで収入をつくる

こんばんは!富山です。

インターネットの普及により、クロスボーダー取引は今後ますます活発になります。

クロスボーダー取引とは、
国境等が異なる区域を越えておこなわれる取引のことです。

最近、海外在住の日本人からのお問い合わせが増えました。

「現地に住みながら輸入(輸出)ビジネスはできますか?」

はい、できます。
日本に住みながらよりも難しくなることはありますが、逆に有利に働くことも多くなります。

例えば、私のクライアントさんの事例でいうと、

●オーストラリアに住みながらBUYMAで月500万円の売上
●カナダに住みながら日本へ商品を卸し、毎月20万円の純利益
●ベトナム在住で日本向けのネットショップをつくって毎月30万円の純利益

などなど、
インターネットを使えば、世界中どこでも仕事できちゃいます。

私も海外旅行へ行きながら仕事をしたりしていますし、
輸入ビジネスをやろうと思った強い動機が、
仕入にかこつけて海外旅行という単純なものでした^^;

(最近はけっこう遊びが多くなっていますが・・・)

ということで、海外に住みながらその特権を活かし、
日本に向けてインターネットで商品を販売する。

そんな方が増えてきています。

海外に住んでいる方というのは特に、行動力があり、
性格も前向きで楽しみ方が上手なので、自分でビジネスをやるのには向いていますね。

一方、海外在住のため、
当然ながら日本にいたら当たり前のこともできなくなります。

例えば発送の問題や、関税の問題、決済、時差の問題など、海外ならではの不都合もあります。

そこで、JV(ジョイントベンチャー)を行うのです。

日本に住んでいて海外とのラインが欲しい方、海外に住んでいて日本でネット販売ができる方。

私がネットショップをプロデュースする際にしていたJVです。

私は主にマーケティングを担当していて、
このようにチームでショップをいくつも立ち上げていました。

自分ができることの強みをさらに伸ばす。

できないことはできる人に任せる。

これから先、流れの速い輸入ビジネス、ネットビジネスを生き抜くには、
JVは欠かせなくなってきます。

できないことをやるよりも、できることに特化してチームでやった方が伸びますよね。

でもそのためには、自分にできることをつくらなければいけません。

そんな時、輸入ビジネスができる人であれば、
海外在住の方と組むのは、そんなに難しいことではありません。

自分の友人・知人に、海外に住んでる人はいませんか?

もしくは、その友人・知人の友人はいかがでしょうか?

ひとりくらいはいると思います。

もしくはあなた自身がそうではありませんか?

私もそうでした。

オーストラリアを旅しながら、良いもの、必要なもの、
そして、「日本にあったらいいな」と思ったもの。

たくさんありました。

それが今、インターネットを使えば実現できるんですね。

それで収入がつくれれば、好きなところで、好きなことができます。

やりたかったことが、できることになり、夢が目標になり、予定になります。

ぜひ、輸入ビジネスをまずはしっかりやってみませんか?

\ SNSでシェアしよう! /

輸入ビジネスコミュニティ IBC 勉強会・セミナー&イベント開催の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

輸入ビジネスコミュニティ IBC 勉強会・セミナー&イベント開催の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!