1. TOP
  2. 初心者でも簡単!輸入ビジネスで利益を増幅させる仕入れ交渉術

初心者でも簡単!輸入ビジネスで利益を増幅させる仕入れ交渉術

こんばんは!富山です。

輸入ビジネスでは主に、商品リサーチへの関心ごとが多いです。

「どんな商品が売れるのですか?」

私がセミナー講師などをしていて一番聞かれることです。

あとは、どんな売り方をすればお客さんを集められるのか?

ほとんどの人が気になっていることというのが、
どんな商品を、どこで、どうやって売るのかということです。

一方で、仕入れ先の探し方や、偽物商品の見分け方などはあっても、
仕入れ先との交渉についてはあまり語られません。

やはり、交渉ということに抵抗がある人が多いみたいですね。

特に、初心者の方だと英語というだけで精いっぱいになってしまいます。

大きな仕入れ先の一つとして、eBayがあります。

eBay
http://www.ebay.com/

仕入れの際には主に、こんなことを聞きます。

・トラッキングナンバーは付きますか?
・その商品は本物ですか?
・日本へ発送してくれますか?

その中に、この一文を入れればOKです。

・ディスカウントは可能ですか?

交渉というか、ただの質問ですね。

英語にするとこんな感じです。

Could you give me a discounted price?

仕入れ交渉というのは、やった者勝ちです。

やるならば早いうちからやっておいた方が、その分、ずっと利益に影響してきます。

例えば、100ドルで仕入れができる商品があります。

販売価格は12,000円なので、2,000円の利益です。

しかし、仕入れの際に交渉を行い、
1,000円のディスカウントをしてもらうことになりました。

すると、利益は3,000円。実に50%増しです。

同じ商品を10個売ったら1万円。100個売ったら10万円です。

今すぐやらない手はありませんね。

もっと具体的にしたいのであれば、

「もうひとつ買うから、○○ドル安くしてください。」
「次回もあなたから買うので、送料を無料にしてくれませんか?」

という感じで伝えましょう。

商品を買う時の値引きは苦手ですか?

もしかしたら相手に嫌な思いをさせるんじゃないか、と思ってしまいますか?

アメリカ人は合理的な書き方をします。

英語しゃべる人には、日本人的な言い回しはNGです。

日本人の相手を気遣う言い回しは、実は独特すぎるのです。
ストレートすぎるくらいで全然OKです。

買う方、売ってもらう方ではあるけれど、丁寧さは必要。
丁寧さは必要だけど、ズバリな伝え方です。

丁寧過ぎるからこそ逆効果になる時があります。

日本人が海外でカモになるのはそういうことだったりします。

極端な話、「100ドルを50ドルまで下げられるんだけど」ということでも、
そのまま“伝わらず”に100ドルで買うハメになってしまうのです。

商品を見つけて、良い仕入れ先を見つけた場合、
長く取引できそうだなと思う場合は交渉は必須です。

ディスカウントは1回です。

2回目になるのは、レギュラーカスタマーやお得意さんの場合です。

交渉とは言っても、書いていることはお問合せレベルです。

メールで聞いて、値引きOKなら応じてくれますし、難しければ「sorry」と来るだけです。

サッパリしているので、どちらも嫌な思いをすることはありません。

また、こちらから提示した値引きが難しい場合、
逆に、10ドルは難しいけど5ドルならいいよ!と提案があることもあります。

値引き交渉とは、こういうことをクリアにしたら買いたいという意思表示です。

堂々と、ストレートに相手に伝えてみてくださいね。

最後に、ここまで読んでくれたおまけで、このままコピーすれば使える値引きの英文を記載します。

簡単な文ですが、ぜひeBayで使ってみてください。けっこうな割合でOKでますよ^^

—————————-
Hello

I am interested in your product.

Could you give me a discounted price?

Thank you,

○○(あなたのお名前)
—————————–

\ SNSでシェアしよう! /

輸入ビジネスコミュニティ IBC 勉強会・セミナー&イベント開催の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

輸入ビジネスコミュニティ IBC 勉強会・セミナー&イベント開催の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!